海外で売られているさまざまなサプリメントが最近では注目されているといいます。サプリメント大国といえば、何と言ってもアメリカです。国民皆保険制度ではないアメリカは、かなりの医療費が病院へいくとかかることになります。できるだけ病院へかかることのないように健康を保つため、アメリカの人たちは日々サプリメントを利用しているのです。アメリカでは販売されているサプリメントの価格が安く、種類も豊富です。

 

国内サプリメントにこだわらない方が、より自分に合うサプリメントを購入できることもあります。FDAという米国食品医薬品局でかなりきちんと検査や審査が行われているのが、アメリカのサプリメントだといいます。一方日本ではサプリメントに対する法律の扱いが明確でなく、カテゴリとしては食品として販売されています。アメリカというサプリメントに関して進んでいる国のものを使ってみたい人も多いでしょう。

 

個人輸入で海外で売られているサプリメントを手に入れるか、支社を日本にかまえている海外のサプリメント会社のものを購入するかしか、海外のサプリメントを手に入れる方法はないようです。国を越えた個人同士のやり取りになりますので、サプリメント商品の受け取り、成分の確認、日本人向きの摂取量など、全て自己責任となります。最近はサプリメントを個人輸入を代行し、販売しているサプリメントの販売サイトも存在します。